超お得カード生地見本



バンチブック(生地見本)が沢山入荷しておりますが、現在8割以上入荷が揃ってきたと思います。


値段付けに時間を要しておりますが、計算していると高いのから安いのまでピンキリあります。


TAGARU的にはこの生地で作ると「カッコよくて素敵に仕上がる」かな?を基準として考えますが、生地の価格もだいたい連動しているものです。



「20万円以上する生地」はシルクやカシミヤを織り交ぜていたり、いろいろな糸の色を織り交ぜたりして、他にはない生地の質が楽しめます。シルクのように繊細な質感は一度味わえばその優越感の虜になるでしょう。まさにエグゼクティブな素敵なスーツ生地が中心です。


「10万以上の生地」は、スーツを知らない素人でもかっこいいって言わせる魅力と光沢感があります。

細番手できめ細かくてしなやかで、仕立て栄えも良く、生地の種類は多く揃います。


中堅どころの「6万円以上の生地」からはインポート生地も多く選べて、質良くコスパ良しのものが多く揃います。

コスパよくお値打ちということで考えれば、多くがこのクラスを購入していると基準にされるのが良いと思います。

高級なインポート生地が国内で多く取引されることで数万円やすく販売される国内在庫が中心です。

例えばコスパで有名なカノニコ で勘違いしてはいけないのは、需要とシェアが多いため安くなっていて、本来はもっと高い生地なのです。


「4万〜5万円の生地」リーズナブルなのは国産と中国産生地が中心

もちろん国産にも10万円以上で作る生地もあるのですが、ここではポリエステル混とかのウール素材を中心にお伝えしています。太番手で織られ丈夫ですが、光沢のある生地は少なく、着心地と仕上がりのかっこよさには限界があります。








そんな中でカード生地見本は

高級生地も中国などの国を経て、大量に入荷されているため、種類も多く安いのが特徴です。

例えばカノニコ は大して変わりませんが、スキャバルやドーメル なら2,3万円ほど安く、ゼニア最高クラス15ミルミル15ですと約半額くらいの14万円台で販売することが可能となっております。


デメリットは生地が小さく想像しにくいことと、織りネームがオーダー用ではなく既製品用の織りネームになること。


このようなコロナ禍でリモートが浸透し、量より質をとる高級思考がへの需要が高まっていると聞きます。

かと言って無理をするのも勧めませんが、今回のカード見本生地では普段手の届かないものを手にできる機会なのかもしれません。


ご判断はお任せしますが、通常あまりお見せしないこのカード生地見本


この中から見てみたいと言われる方は、スタッフにお申し出ください。

148回の閲覧

最新記事

すべて表示