マッチョにマッスルパターン

最終更新: 2020年7月15日



ムキムキマッチョの方、大変お待たせいたしました。


シャツ工場さんと共同開発ではないですが、みたいな感じで新型シャツのパターンが作られました。


いつもみたいに私のたがる気持ち「こんなの出来ないですか?」から始まった企画。


そんなことでTAGARUのムキムキなお客様にも何度かTAGARUまで足を運んでいただきました。


この場を借りてお礼申し上げます。





胸元にゆとりを出すことで脇のつっぱりと、前身の持ち上げが軽減され、胸元が綺麗な曲線となっています。


背中のダーツは上のヨークまで切り替えられ、背幅と肩甲骨周りの余がすっきりしています。








細マッチョ、普通にマッチョ、ゴリゴリマッチョ。


マッチョにも色々ありますが、鍛えている箇所も太さも人それぞれ。


トレーニングブームの近年、ジムや自宅で鍛えているサラリーマンは多くなりました。






胸板が厚く位置が高い、ウエストが細い、上腕が太い。


それによって「肩や胸に合わすとウエストガバガバ、前身が持ち上げられ、背中が余る」そんなスーツやシャツの合わせが難しくなっていることも現場の声としてあります。


タガルのお客様は美意識高い方が多いですから、マッチョも多いしイレギュラーも多い。


実はスーツの様に、シャツにもいくつかパターンがありますが

American、British、Classico、Fit、Dart、etc


これまでなんとかむりくり調整し合わせていました。


であるからこそ、このパターンが必要となりました。





「普通なんだけど反身体型だから」(体が後ろに反っている体型)って方でもこのパターンでフィットします。


「俺は別にマッチョじゃ無いから」なんて方にも一度着ていただくとシャツの新境地を感じられると思いますので、お試しいただきたいと思います。


補正も袖の太さ調整や肩幅、ウエスト+ー10cmの調整はもちろん、このモデルでもなで肩、イカリ肩、やアームホール補正も可能です。


サンプルゲージ(見本服)は各店、各サイズ、ご用意済みですので、是非この新型マッスルパターンの着心地をご試着いただきお試しください。


p.s.次回は「グラマラスパターンを作って欲しい!」と工場さんにはお伝えしています。女性のお客様いつになるかわかりませんがご期待ください。


209回の閲覧

最新記事

すべて表示