一年間の活動


ユニフォーム作成でご依頼いただいたホテル様の室内から観た景色



全くこの1年間はコロナに振り回された大変な1年間でしたが、あと一年くらいはこの様な状況が続くのかと思うとぞっとしますね。

今年4月に入ってからようやくお客様が戻ってきて回復したかと思えば、また緊急事態宣言そして延長されるかも?ですから困ったものです。





このコロナ禍をどうやって乗り越えるかを考えるため、スタッフ集まったり、リモートしたりして慣れない会議を何度かしました。

お客様が来ない、営業にも行けない、テレワークできない。

ではどうするか?

よく話し合ったものです。


テレワーク用にジャケットやパンツのカジュアル化推進や/ecサイトを自分たちで作ったり/メールオーダーなど

いろいろやりました。

「今は着ないけど作っておこうと思って…」など、これまでのお客様の厚い情も頂き、助けられました。まぁ今でもそう。

これまでの来店数と比べれば雀の涙ほどの結果ですが、改めて私たちの最大の魅力は接客ということを思い知らされました。















しかし、その結果もみられました。

昨年はものづくり補助金というものをやってみました。

1度目は落選しましたが、2度目は自分たちで調べてじっくり作り込んだ甲斐もあり、採択されこの苦労が報われた思いです。

シミュレーター搭載のECサイト作成なのですが、大変なのはまだまだこれから。公開は年末か年始くらいになりそうです。

この話はまた次回のお楽しみに。





ほかにもたくさんのご縁を頂きました。

個人のお客様が半減する中、いくつもの企業様と繋がることになるなんて思いもしませんでした。

不動産会社様の受注会/ホテル様のユニフォーム/保険会社様の受注会/証券会社様のスーツ制作&撮影/ブライダル会社様の制作依頼/デザイナーさんからのオーダー会と制作依頼/催事を開いてほしい 

などなどみんな某会社様からのご依頼。

このようなタイミングで救われた思いです😭











東京商工リサーチによると「新型コロナ」関連の経営破たんは飲食店の次にアパレルが多いとのこと。

これからもアパレル不況が続くと思います。

小売は国からの保証のないまま運営が悪化して大変厳しい状況ではありますが、不満や愚痴を言う余裕すらなく、なんとか生き抜くために耐え凌ぎ乗り越えていかなければなりません。



スーツも着なくなったとおっしゃられるお客様も本当に多くなりました。

その分ジャケットやパンツやシャツを以前よりもこだわりたいお客様も多くなっています。

自宅では高級白物家電が売れていたり、高級時計やいつもより良い基礎化粧品が売れている傾向があるそうですが、TAGARUでも単価が上がっています。

スーツよりもジャケット生地は凝った織りの作りが多いですから、単価も自然と高くなってしまうんです。


オフィスカジュアルでジャケパンは身軽なイメージと言われますが、これまでスーツスタイルだった方がジャケパンになると組み合わせに戸惑う方も増えています。

TAGARUではそのようなお客様にも組み合わせに困らないいくつかのバリエーションをご提案しますので、このような中ではありますがご相談件数は例年よりも多いです。


ご来店が難しいお客様も、気に入っているスーツをお送りいただければ同じサイズに仕上げることが可能です。

メールオーダーが可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。