top of page

展示会と工場の提携

先日久しぶりに展示会を新人スタッフと一緒に見に行ってきました。


取引先を何社か見渡すことで提案側の今後の展開と動向が見れます。

会話の中で最新の情報や、流行の色や形や技術など視覚で見て触れてとても勉強になりました。



タガルがスタートする時からお世話になっているシャツ工場さんの展示会


展示会では「パステルカラー」やどことなく懐かしさのある幅広目の「ビックストライプ」、夏に向けて「シアサッカー」素材など中心に今期トレンドを踏まえた展示会の様子。





ジャケットやパンツなども提携工場のこだわりと技術の詰まったアイテム





シアサッカーやプリント柄シャツなど今後も展開は幅広く配信される予定。





ここ数年注目のオーバーシャツ

「ボタンは一回り大きく」「表前たて追加」「大きめ四角型ポケット追加」

益々理想のカジュアルが表現できるようになります。

オーダー価格で1〜3万円くらい!シャツと同じ数百種類の生地から選べてオプションも色々選べます。

袖裏付きのウール素材オーバーシャツも5万前後くらいでオーダー可能です。




3月開始のメッシュのストレッチベルトでビヨ〜ん!

バックルも追加されます。

合わせてゴルフなどで活躍しそうな表裏別色リバーシブルベルトも楽しみ。





追加シャツ生地も入荷しました。

タガルにある数千種類の生地も使えますので合わせて理想の1着を作ってください。





 

さて、いつもの余談です。

ここ最近アパレルが不況(海外ブランドとファストファッション以外)と暗い話ばかり聞いていたので、光明が差し込む素晴らしい取り組みだと感心したのでブログに書かせていただきました。


タガルのいくつかの取引先の中でもここのシャツ工場さんはメインで縫っていただいているのですが、どこのシャツ工場さんよりもおしゃれで色々なオプションも用意されて面白い工場だと思い取引を始めたのは13年前でした。

いくつもある工場の中でもいろいろな視点で先端を行っている工場だと思います。

単にシャツを綺麗に縫うということでなく、今流行っているデザインや形を取り入れられたり、販売店の意見を聞き入れ会議しブラッシュアップした案件を他の取引先へも共有されたり提案されたり、毎月のように新しい生地や情報が配布され、資料もどこよりも多く配布されています。

向上心とバイタリティーのある工場さんです。

私もよく学ばせていただいたものですが、今では若手スタッフはその情報をもとに勉強させていただいております。


今やシャツシャツ工場さんが作るものは、ポロシャツであったり、シャツジャケットなど幅広く展開できるようになっています。

近年では工場さんは他の工場さんと提携されていて、よく雑誌などでも紹介されるほどの手の込んだテーラードジャケット某F工場さんやこだわりの某E工場さんのパンツであったり、某安定スーツM工場さんやブルゾン・ベルト・ネクタイ・革小物などそれぞれの専門とする他社工場さんと提携されています。

そのシャツ工場さんを通じてタガルでもそのアイテムを販売したり扱うことが出来るのですが、様々なアイテムが取り扱えることはその販売店の強みとなります。


工場さんと販売店側と契約を結ぶ際に、通常なら契約というものが必要となりますが、その際に契約料か保証金などが発生する場合があります。

それを何社も契約すると資金がもたなくなってしまいますよね。

そこで現在の契約工場さんが保証人且つ注文の仲介に立つことで、直接契約も契約料も払うことなくその工場さんのオーダーアイテムを取り扱うことができるのです。

生産工場さん側も注文が入り、仲介する工場さんにも手数料が入り、販売店側もお客様も気軽に注文ができる仕組みで双方に大きなメリットのあるすばらしい仕組みだと思います。


こうした仕組みはこのシャツ工場さんが結構早めの段階から導入されていましたが、今では他の工場さんや生地屋さんや付属屋さんなどもこのような仕組みを導入されています。

別々の会社が手を組み連合されることで、イノベーションが生まれ、今後も新しい取り組みがそれぞれの場所で起こることだと思います。

Comments


bottom of page