タキシードのススメ


結婚式やパーティーについてのノウハウ

&タキシード写真

過去1〜2年分のお客様のタキシード写真56点ほど一挙にお見せします。

どうぞ参考になさってください。

東京にいると色んな所でパーティーが開かれていますが、普段社交の場に出ることのない人には未知の世界に感じられることもあるかと思います。

実際私も結婚式や宴会に顔を出す程度です。

人の集まるお祝いごとの会を華やかな言い方でパーティーなどと言っておりますが、裏返してみれば結婚式や祝賀会と祝勝会、お茶会もお酒の場も、授賞式もお祝いの会も、人が着飾って集まればそれはすべてパーティーなのでは?と思うのは乱暴でしょうか(゚∀。)?

時々ですがお客様から「結婚式に招待されたんだけどこれってどんな格好したら良いの?」って聞かれることが増えました。

招待状が届くときがあると思いますが、皆さんはこんなことで悩まれるのではないでしょうか?

「ブラックタイ」or「ホワイトタイ」「スマートカジュアル」「平服」な格好でお越しください」

という招待状。

基本的な分類

・フォーマル(正装): ホワイトタイ/ブラックタイのタキシード/華やかなドレス/着物

・セミフォーマル(準礼装): ブラックスーツまたはタキシード/ドレス

・インフォーマル(略礼装): キレイめスーツ/格式張らないキレイめワンピース

普段と同じなどと書いてくれていればわかりますが、スマートカジュアルが一番困る。

私は先日、父子ともにお世話になっている歯科医の先生と縁あって、歯科医師の会なるものに出席したのですが、その時のご案内が「スマートカジュアル」と書いてあり、言葉の意味を考えると、スマートなカジュアル、、???。

通常スマートカジュアルとは:曖昧に定義される服装規定のひとつで、一般的にはきちんとした身なりでありながら、あくまでもインフォーマルな服装のこと。 要するに格式張らないキレイめでおしゃれな格好で来てくださいという意味。

決してスマートなカジュアルという意味ではないのです。

相手との関係性や周りとの立場も

会場は2次会的カフェレストランか、結婚式場格式のある場所か?なども関係してきます。

どの会に出席されるにしても「あくまで上品に」を心がけることが鉄則です。

お出かけの際の注意

フォーマルな装いは町中では浮くものです。

着替えは会場で出来るか確認しておくと良いでしょう。

なければタクシーでそのまま会場まで行くか、トイレで着替えるしかないですしね。

どの装いが良いか迷ったときは、少し先に着くようにして着替えを2着持っていくのも手です。

もし困ったらタガルコールセンターまでお問い合わせを。笑(^-^)/

結婚式やパーティーは人脈を広げられる社交の場でもあるのですから、構えず気楽に行きましょう。

そして、突然準備をして慌てることなく招待状が届いた時点で手持ちの服を思い出し確認しておくことも大切です。

買いに行くのでも1週間前から準備が大切ですが、オーダーなら最低1ヶ月前。

一生で数回しかない式ですがそれはきっと大事な式だと思いますので、事前に用意して備えておきましょう。


124回の閲覧

最新記事

すべて表示