コートのオーダーメイド


Ermenegildo Zegna /Loro Piana / DORMEUIL / HOLLAND&SHERRY / SCABAL / Harris Tweed / ARISTON / Harisons / BATEMAN OGDEN / Moessmer / Marling&Evans / Fox Brothers / Harrisons of Edinburgh / Cesare Gatti などなどコート生地も揃いました。これだけ揃えば気にいる生地はきっと見つかるはずです。 ※店舗によって取り扱いのない生地もございますのでご希望ございましたら事前にご連絡ください。

コート生地いろいろ2019

コートのサイズサンプルもお店にご準備できましたので、いつでもご注文いただけます。 是非一度お店にて生地や仕上がりのイメージ、ご着用感などお気軽にご確認ください。 ​

コートの形2019

​ さて、毎年のことですが皆さんを悩ませるのがオーダーのタイミング。 一般的に気温がグッと下がるとオーダー意欲も高まりますが、大体注文も殺到し納期も長めになってしまいます。(コートは生産ラインのキャパが少ないので、オーダーが集中すると納期が伸びてしまいます。) 納期は時期によって前後しますが大体ご注文から1ヶ月半が目安。 結果、コートを着たい時にまだ納品されていないなんてこともしばしば。せっかくオーダーするんですから、シーズン始まりから着始めたいですよね。 そこで、お勧めなのは9月・10月のオーダーです。 特に今年は10月からの増税を控えていますので、コートもその一つで高額商品ほど増税前の駆け込みが予想されます。 せっかくでしたら増税前にオーダーされるのはいかがでしょうか? スーツやジャケット同様に1,000種類近くある裏地から自由に選べます。せっかくですから、個性的な裏地で自分らしさを出すのも良いですね。 ご予算+1万円〜2万円くらいの余裕を見ておいていただくと安心です。 コートの予算は生地と形によって変わりますが、ウールで仕立てた場合ざっくり10万くらい、カシミア素材で仕立てる場合は15万くらいが一つの目安となります。 インポートを代表して、ゼニアのコート生地で仕立てる場合は20〜50万くらい。 デザインはシングルチェスター・ダブルチェスター、ステンカラー、セミステンカラー、ラグランセミステンカラー、シングルアルスター・ダブルアルスター、スタンドカラー、ピーコート、ポロコート、トレンチコート、

新作エコダウンコートなどコートの形も多数ご用意しております。 もちろんレディースコートのオーダーも可能です。 初心者の方でもコートのオーダーは難しくありませんので、是非お気軽にご検討ください。 ご不明な点や気になる点もお気軽にお問い合わせくださいね。 次回はデザインのご紹介。


152回の閲覧

最新記事

すべて表示