準備

代官山ではこれまで臨時休業中であったお店さん方も、ぽっちらぼっちら見かけるようになりました。



蔦屋書店さんも入り口にオシャレなセンサー付き除菌スプレーを設置して、入場45分、マスク着用での再開をされています。 周りの飲食店は今まで通りとは行がないでしょうけれど、援助なくやっていけそうな雰囲気。 一方援助が必要?蚊帳の外のアパレルさんもひっそり再開し始めています。 上場企業も倒産している話も出ていますし、私見ですがあと半年アパレルは厳しいとみています。 <strong>タガルは来月10周年。</strong> お祝いムードもイベントも台無しですが、何とか全店舗時短と少人数制でタガル再開。前を向いて進みます。 1.メールオーダーに続いて簡単なオンラインショップを開設 2.ものづくり助成金申請もしたりして、それが通れば更なる3DなECサイト開設 3.出張オーダーも自粛解除後スタート 4.ウエディングスーツの受注強化 5.オーダーのカジュアル化 タガルはカジュアルも得意を生かして型に縛られないオーダースタイルを築く などなど、足元ぐらつきながらも下を見ずに上をみる。フットワーク軽くしぶとく生き残りますので応援よろしくお願いします。 ついでに、シャツのオプションフェアも残りわずか!皆さんメールや電話、ビデオ通話でもオーダー賜ります。

127回の閲覧

最新記事

すべて表示