7デイズオーダーシステム


青森に行ってきました。青森は広いぞ〜あいにくの天気だったけど広大な田んぼの地平線に平穏な気持ちをいただきました。 ついでに弘前城


さて、先日7Daysオーダーについて少しばかし触れましたが、より細かく解説いたします。


一言断りを入れておきたいのですが、セブンデイズオーダーでは納期を短くするために工程数を減らしたり品質を下げたりは一切しておりません。

ではなぜここまで早く納品できる仕組みができたのか?


工場視察をしてまいりましたので、注文から工場内でどの様にして作業が行われているのかをお伝えしたいと思います。



これまでオーダースーツは、価格が高い、難しそう、などハードルの高いイメージがありましたが今はそんなことを言う方が少なくなりました。

しかしいざ必要になるとオーダーだと納期の問題があります。

現在の仕上がりまでのオーダー日数は3週間ですがインポート生地の仕入れなどを入れると、平均1ヶ月というところがほとんどです。



確かに吊るし(既製品)はスーツにこだわりのない方には、出来上がっているものを買うだけなので早くて楽という方も多いでしょう。

しかし本当にそうなのでしょうか?

既製服を買う時『希望のスーツを探しに回る時間』『好み通りではない妥協』がつきもの

そのほかにも『袖やズボンの裾上げで数日』かかります。来週末に取りに行くとなると結局1週間〜10日ほどです。


そう、それならばオーダーで1週間ならこれに勝るものはない大きな魅力なのではないでしょうか?




しかし私たちタガルにはそんな夢を叶える力はなかった。

工場さんの努力と情熱とお金?がこの想い「納期短縮」を実現してくださいました。


これでタガルは『最強の武器』を手に入れました。

・こだわり派の方に都内最多の素材とオプション

・急がれる方に特急納期セブンデイズオーダー

と、最強の盾と剣を手に入れたことになります。

そんなことでこのニューノーマル時代に対応すべく、最短7日間(8〜10日間)でオーダースーツをお客様のお手元に届けられる様になったのでした。👏パチパチパチ



では、工場さんの熱い想いをほんの1時間ほどの軽い視察ですがご報告させて頂きます。

https://youtu.be/3HyTYfbOrys



 

手順

①接客採寸⇒ ②データ送信⇒ ③自動CADシステム⇒ ④自動倉庫システム⇒ ⑤CAM(自動裁断機)⇒ ⑥進捗管理システム⇒ ⑦縫製&ハンガーシステム⇒ ⑧プレス⇒ ⑨検品⇒ ⑩配送


1日目


まずタガルで従来通りの接客になります。生地と付属と形を選びます。

このあとデータを入力して工場に送ります。



2日目

【マーキングシステム】

送られたデータは夜間縫製工場のCAD(型紙を設計するコンピューター)に直接届きます。

現在でも工場スタッフがデータ入力CAD入力をしておりますが、7デイズオーダーではRPA「人の代わりに単純作業をこなしてくれるツール」により、夜間のうちにCAD処理(マーキング処理、型紙作成)を済ませます。



【自動倉庫】

なんだこれ⁉︎って元体育館を利用した天井に届くほどの高さと大きさ

夜間にデジタルの型紙作成を終えているので、工場生地1,500種類(来年にはもう一台増やして3,000種類にもなる予定)の中からお客様の生地が裁断機に移動されます。

自動倉庫から生地1反を取り出すスピードは平均40秒。裁断する生地は夜のうちに自動倉庫へ指示が来ていますから、後は切るだけ。




【CAM裁断】

1着分の長さで切られた生地は、裁断機にセットされスーツのそれぞれのパーツに裁断されます。

もちろんこれも自動化(CAM裁断)されています。

昔は裁断師と言われる方がいましたが、今ではこの機械によって精密でミスすることなくカットされる様になりました。