LORO PIANA ロロピアーナ2022ss

LORO PIANA ロロピアーナの生地見本

高級ファッションブランドでもある有名なロロピアーナの服地のご紹介です。

キートンやブリオーニ、ベルベストなど世界の高級ブランドに供給されていることでも知られています。

今回はスーツ/ジャケット/ジャージシリーズの3冊が追加されました。




JERSEY

ラインナップの中に前回からジャージシリーズが追加され大変好評です。


ただしカジュアルなジャージー素材の中では高級で最上クラスのジャージである事は間違いありません。


だからと言って素材の特性を活かして仕立てる必要がある為、本格仕立てなんて必要なく、アンコンで軽量仕立てが良いと思います。


パンツもドローコード(紐付き、脇ゴム付き)&膝裏なしにして、ジャケットと共に至福のセットアップはいかがでしょうか?


柄も幾つかの色が揃い益々展開が増えそうです。今後も欠かせない素材の一つと言えるでしょう。





JACKETS

お次はジャケットシリーズ


ちょうど某レジェンドバンドさんの衣装が仕上がってきたのでちらり添付(´∀`*)


どこかでお見かけする機会があるかもしれませんね。




SUITS

このやや掠れた色味と手織を感じさせる杢感は上質で上品さを匂わせる。


イタリアならではのソラーロも今や日本では通の方にクラシック回帰で地味に人気。

ソラーロと言えばヨコ糸を緑目のカーキ、タテ糸を赤味のあるオレンジ糸で荒目に織られていて、角度を変えてみるとタマムシ色の変化が手触りもゴワッとしたイギリス生地が思い浮かびます。

一方でロロピアーナのソラーロは独自の表現で、折り目が細かく織目クセが少なく、しなやかさと光沢は上品で魅力的です。

スーツ地としての色は使いやすいカラーが様々あって、耐久性でお勧めして良いものかわかりませんが一応裏面使いもできたりするのでカラバリ豊富です。

僕がスーツ屋を始めた時からロロピアーナのソラーロはあったのでイタリア紳士に長年愛されている素材の一つと言えるでしょう。


不安定な世界情勢で、高価なものがさらに価値を見出している現在、

スーツの価値が生地も仕立ても高騰するであろう今、吟味して選ぶ至福の私服・・なんてね。